Message

代表挨拶

19歳でビジネスを始め、20歳で経営者になった私が心に決めていることです。

元々私は毎週100人以上の学生を集め、延べ1万人以上を集客している日本一の学生団体の代表をやっていました。
当時の私は根拠のない自信に溺れ、粋がっている生意気な大学生でした。

しかし世界は甘くなく、ビジネスを開始したものの全く結果を残せず、お客様に「君には責任感がない。大学生に頼んだ僕が悪かった。」と言われたこともありました。
自分の失敗を認めたくなく、逃げるようにビジネスから離れました。

その後、様々なご縁から自分の創りたい世界観を発見し、再び個人事業主として挑戦を開始しました。
実際始めたものの何もかもが分からず、ヒントを得ようとたくさんの経営者の方に会い続けました。
ほとんどの方は一回限りでした。
その一方で、彼らの知らないことを私がお伝え出来た人とは何度も会うことが出来ました。
時間を割いてくださった相手の期待を上回ることが出来ると心が動く。お金も経験も実績もない私にとって、時間を割いてくださった相手に対しての最大限のお返しはその人の心を動かす何かをすること、
つまり“感動させること”だと気付きました。

目の前の人がお客さんだろうがそうでなかろうが関係ない、感動させたもん勝ちや。

そんな気持ちでした。

私たちが目指す在り方は
常にお客様、パートナー、仲間を感動させ続けるような人、会社です。
だからこそ常に自分たちを成長させ続け、クリエイティブでいることを意識しています。

人の感動というのは、越えれば越えるだけハードルが上がり続けます。

それでも、私たちはそれをなんなく乗り越える速さでアップデートし続けます。

必ず皆様の感動分岐点を超え続けることをここにお約束します。

株式会社Nextarium(ネクスタリウム)に込めた想い

僕らは会社名をよく読み間違えられます。(笑)
でも、今はそれでもいいと思っています。読み間違えられることは人が読み慣れない新しいものだということだから。
僕らの創ったものがたくさん世に出て行き、あれもこれもネクスタリウムだったんだって後で気づいてもらえればいいなと。

僕らの会社名”Nextarium”は

Next + Arium = Nextarium

”次なる”という意味のNextと”場所”を意味するAriumを合わせたのがNextariumです。
つまり、次なる場所を創る、そんな会社でいたいという想いが込められています。

場所とは何かが存在したり行われたりする所であり、
僕らは今に甘んじず、世界に存在していないものを創り続けたいと思っております。

Vision

-世界の果てまでバズらせる-

世界を僕らの創ったもので溢れさせ、世界の果てにいる人までも感動させます。
これには、圧倒的な革新性が求められます。

”革新は、奇跡と努力で生まれる”と考えているため、努力は惜しみません。

Missoin

-100億いいね。-

コンテンツがバズる時、必ず当事者は感動を覚え
そしてその感動をほかの人にも伝えたいという想いからシェアをします。

「リツイート」と「いいね」は感動の証。

100億のいいねを目指していきます。